スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイキック・ガール、現役女子高生のマジ蹴り!

超美人!黒帯の現役女子高生が制服でけりさく裂!監督ダウンで場内騒然!

先月30日公開の映画『ハイキック・ガール!』の初日舞台挨拶が行なわれた。

主演の武田梨奈は、現役の女子高生。しかも全日本空手チャンピオンということだ。

この映画、「ノーCG、ノーワイヤーアクション」を掲げ、劇中のパンチキックも、すべてリアルな打撃というから驚きだ!

出演者も、格闘技経験者や、現役の総合格闘家など、リアルにこだわったキャスティングとのこと。

痛さが、バッチバチに伝わってくる体感ムービーになっているようだ。

とりあえず、格闘技好きなら、楽しめそうだね!




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090601-00000001-flix-movi
超美人!黒帯の現役女子高生が制服でけりさく裂!監督ダウンで場内騒然!

 女子高生の高速ハイキックが本気で当たりまくるアクション映画『ハイキック・ガール!』が30日、初日を迎え、武田梨奈、高橋龍輝ら出演者と西冬彦監督が東京・シネマート新宿で舞台あいさつした。

 映画初主演の武田は、空手黒帯、全日本チャンピオンという肩書きを持つ現役女子高生。不慣れな撮影を振り返り、「全部が思い出です。皆さんいい人たちばかりで、本当にすごい作品ができてうれしいです!」と初日の感慨を語った。

 劇中、武田と1対1で激しい戦いを繰り広げた小林も、黒帯の現役空手選手。「最初、こんなに手足の細い子が空手をやってるんだ、と驚きましたけど、強いしフォームがきれいで、練習を重ねるとだんだん蹴りが強くなってくるんです。今までできたことのないアザができているのに気づいて、“梨奈ちゃんに蹴られたアザだ~って、ちょっとうれしかったです!」と“勲章”を自慢してみせた。

 武田を発掘したのが、元はバイヤーとして数々の世界的アクション映画を日本へ送り出してきた西監督。この日は、監督自らが武田の相手となり、舞台上でアクション演武を実演。西監督から武田に容赦なしのキックが飛び、倒れる武田に客席からは危ういため息が……。すると武田はすぐに体勢を直して反撃に。か細い体から重みあるキックが飛び出すと、それを頭にくらった西監督が舞台に沈むという、パワーあふれる演武を披露した。この演武の何倍も「本気」で当たりあった撮影を振り返り、西監督は「出演者は本当にときどき意識がもうろうとする、楽しい撮影でした。僕も映画の中で(武田の)顔を蹴ったけど、顔が小さいから怖いですよ。親御さんに申し訳ないですが、いつでも本気で蹴りあうことのできる特殊な女優さんです」と、通常あり得ないような女優と監督との間柄を披露した。

 本作は、現役女子高生(武田)と格闘家が本気で倒しあう、失神体感アクション。空手道場に通う女子高生・土屋圭が、黒帯を許されないいら立ちから「壊し屋」と呼ばれる格闘技集団に入り、師匠と「壊し屋」の思わぬつながりを知り、闘いに巻き込まれる物語。

テーマ : 気になる映画
ジャンル : 映画

コメント

非公開コメント

[PR]驚異の現金製造マシン
ちょっとした労力だけで稼げるとしたらどうしますか?
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
その秘密は、無料レポートに!
⇒ 無料レポートはコチラ
(^^)
アクセス解析
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。