スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生久美子、主演映画で舞台挨拶!

麻生久美子、艶やか肩出しセクシードレス!“母”松坂慶子も「素敵になった」と絶賛

麻生久美子の主演映画『インスタント沼』の初日舞台挨拶で、出演者と監督が登壇した。

麻生久美子は、立っているだけで絵になる女優だと、個人的に思っているのですが、いかがでしょう。

ほんわかとした柔らかい感じが、とてもいいですね。

制コレでデビューして、かれこれ15年ですが、人妻の色気を醸しつつ、清潔感もある、大好きな女優の一人です。

彼女の出演している映画は、多数観ているのですが、そのなかでも『夕凪の街 桜の国』は、ああ観て良かったと思える1本ですね。

今回の『インスタント沼』は、ドラマ『時効警察』の三木監督ですから、けっこう楽しみです。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090525-00000001-flix-movi
麻生久美子、艶やか肩出しセクシードレス!“母”松坂慶子も「素敵になった」と絶賛

 映画『インスタント沼』の初日舞台あいさつが23日、東京・テアトル新宿で行われ、主演の麻生久美子、風間杜夫、松坂慶子、ふせえり、そして三木聡監督が登壇した。

 麻生は、流行色のパープルを基調にしたふんわりドレス姿で、美しい肩やすらりと伸びた美腕を披露し、女性らしさをアピール。その美しさに、麻生の母親役を演じ、かつて麻生の本格デビュー作映画『カンゾー先生』でも共演した松坂は「素敵なレディになった。『カンゾー先生』の時のもんぺ姿も素敵だったけど」と実力派女優に成長した麻生の艶やかな姿に、本当の母親のように大喜びしてみせた。

 麻生はテレビドラマ「時効警察」でもタッグを組んだ三木監督との仕事を振り返り「本当に面白い! すっかり三木組中毒になりました。また仕事ください」と自ら売り込み。三木監督は「そう言いながら、別の現場では『三木組は大変だ』って言ってるでしょ。そんな噂が広がったら、こっちの仕事がなくなっちゃう」と苦笑気味。麻生も「確かに大変ですけどー(笑)」と切り返すなど、作品のトボけた雰囲気そのままの終始、笑いの絶えない舞台あいさつとなった。

 本作は会社を辞めたOL(麻生)が実の父親らしき人物(風間)との出会いを通して、さまざまな不思議体験を経て“ジリ貧”状態から抜け出す様を描いた異色コメディー。

映画『インスタント沼』は全国公開中

テーマ : 気になる映画
ジャンル : 映画

コメント

非公開コメント

[PR]驚異の現金製造マシン
ちょっとした労力だけで稼げるとしたらどうしますか?
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
その秘密は、無料レポートに!
⇒ 無料レポートはコチラ
(^^)
アクセス解析
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。