スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絢香、引退に関するマスコミの噂

引退原因は闘病だけ? 水嶋ヒロ&絢香“勝手婚”余波

水嶋ヒロ絢香結婚に関連して、絢香引退にまつわる妄言が、一部マスコミによって、事実かのごとく報じられている。

その噂は、こうだ。

所属事務所に、ぎりぎりまで、打ち明けなかったため、制裁として、引退することになったらしい。

はっきりいって、根拠は何もない、単なる憶測に過ぎない噂話だ。

近所の噂好きのおばちゃん並みのレベルだろう。

この手の噂話は、もしかしたら有り得るかなと思えるのがミソだが、やはりでしかない。

本来なら即引退して療養専念したいところを、スケジュールの関係で、年末まで延ばしたと考えたほうが自然だと思うのだが、いかがだろうか?





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090409-00000020-ykf-ent
引退原因は闘病だけ? 水嶋ヒロ&絢香“勝手婚”余波
 人気シンガー・ソングライター、絢香(21)と2月22日に極秘結婚していたことを公表した俳優、水嶋ヒロ(24)。これまではイケメンのタレントが人気絶頂期に結婚すると、ファン離れが起きるのが通例だが今回は“イケメン格付け”に影響はあるのか。

 甘いマスクに加え、桐蔭学園高時代にサッカーで全国ベスト4入りした経歴を持ち、帰国子女で慶大卒と、文武両道に長けた水嶋。結婚が発覚する直前の雑誌のイケメンランキングで、ドラマで共演した佐藤健(20)や小栗旬(26)らを抑えてダントツだった。

 今月3日夜、緊急会見で結婚を明かした2人にもうひとつサプライズがあった。絢香がバセドー病と闘っていることを自ら告白。その隣の水嶋は「一生守っていきたい」と、交際8カ月のスピード婚を決意した経緯を説明したのだ。

 芸能リポーターの梨元勝氏は、「似たりよったりで、軽いイメージのあるイケメンが多すぎる中、水嶋は硬派な面を見せ、その意外性が受けた」と語る。

 一方、電撃発表のために絢香は、それなりに“代償”を払ったようだ。

 「水嶋と絢香は同じ事務所に所属。写真週刊誌などで交際が発覚した昨年10月から事務所側はピリピリしていた。人気、実力とも、これから上昇気流に乗る矢先。事務所に結婚を切り出しても反対されると思った2人は、ギリギリまで黙っていた」(業界関係者)

 水嶋は会見で「事後報告することで(結婚の了承が)かなうんじゃないかなというところもありまして」と手の内を明かしている。

 いわば、“既成事実婚”だったわけだが、「絢香が年内で活動を休止するのは、本当に発表の通り闘病に専念するためだけなのか。タレントを管理する側にとっては、事前報告なしの結婚をただ認めるわけにはいかなかったのでは」と推測するのは別のプロダクション幹部。

 梨元氏は、こう見る。

 「最近は、現場のマネジャーも若いタレントの恋愛の心理や行動がわからず、外部の心理学者に相談する事務所もあるほど。ただ、結果論になるけれど、これで新たなイメージ展開をすればいい。事務所がお膳立てしたストーリーではないし、長く続いてほしいし、続くと思う」

 折しも水嶋が出演した映画「ドロップ」(品川ヒロシ監督)の興行収入は今週、10億円を突破、5日までに約11億6500万円に達した。結婚後もイメージダウンしていないようで、イケメン1位の格付けは不動のようだ。

コメント

非公開コメント

[PR]驚異の現金製造マシン
ちょっとした労力だけで稼げるとしたらどうしますか?
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
その秘密は、無料レポートに!
⇒ 無料レポートはコチラ
(^^)
アクセス解析
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。