スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侍ジャパン、不況日本に希望をもたらす!

侍ジャパンWBC連覇、延長の死闘制す…韓国に5-3

侍ジャパンおめでとう、そして、ありがとう

サッカーのように、参加国が多くなくても、ワールド・ベースボール・クラシック、私は感動した!

死力を尽くして、戦う姿は美しい!

国の名誉を背負ってのプレッシャーに、よくぞ打ち勝ってくれた!

ありがとう、侍ジャパン

代表選手は、本当に、よく頑張った!

調子が微妙だったイチローも、ノムさんにけなされた城島も、負傷帰国した村田も、そして、他のみんなも

本当に、よくやった!


侍ジャパン優勝は、定額給付金よりも、よっぽど効果があるぞ!

えっ、無理やりだって?

いいんです、ポジティブ・シンキングで、いいんです!


定額給付金は、楽天のWBC記念セールで使おう!


ニュースソース↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090324-00000326-yom-spo

 【ロサンゼルス=山脇幸二】野球の世界一を争う第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は23日(日本時間24日)、ロサンゼルスのドジャースタジアムで決勝が行われ、日本は、北京五輪金メダルの韓国を延長十回5-3で制し、2006年大会に続く連覇を果たした。

 日本は三回、小笠原道大(巨人)の右前適時打で先制。五回、韓国の秋信守(チェシンス)の本塁打で同点とされたが、七回に中島裕之(西武)の左前適時打で勝ち越し。八回には岩村明憲(レイズ)の犠飛で加点した。

 しかし、先発の岩隈久志(楽天)は八回、犠飛で1点差とされ、九回、ダルビッシュ有(日本ハム)が李机浩(イボムホ)に同点打を喫した。

 だが十回、日本は二死二、三塁でイチロー(マリナーズ)が、中前に、この試合4安打目となる決勝の2点適時打。日本代表初采配(さいはい)の原辰徳監督(巨人)が率いるサムライジャパンが頂点に立った。

コメント

非公開コメント

[PR]驚異の現金製造マシン
ちょっとした労力だけで稼げるとしたらどうしますか?
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
その秘密は、無料レポートに!
⇒ 無料レポートはコチラ
(^^)
アクセス解析
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。