スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香田晋、離婚で分かったおバカキャラの真実

香田晋が離婚…おバカキャラの陰で“言葉の暴力”

演歌歌手であり、最近はおバカキャラとしてもバラエティにひっぱりだこの香田晋が先週16日、離婚会見を行った。

簡単に説明すると、おバカキャラを演じるストレスを、家庭、特に奥さんにぶつけたため、離婚を切り出され了承した、ということだ。

香田晋としては、本業は、あくまで演歌歌手、バラエティでの「おバカキャラ」は演じているキャラだった。

バラエティ番組で見られるような、明るいおバカキャラは、当人としては、かなりのストレスがあったということだろう。

「ヘキサゴン」という番組の演出上、出演者には、おバカキャラと優等生キャラのどちらかを演じることを要求されている可能性はある。

つまり、ヘキサゴンでブレイクしているおバカキャラは、すべて演出ということ。

最初は、そうではなかったが、バラエティ性を追及する上で、そういう方針になっていったのではなかろうか。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091017-00000045-spn-ent

香田晋が離婚…おバカキャラの陰で“言葉の暴力”

10月17日7時2分配信 スポニチアネックス
香田晋が離婚…おバカキャラの陰で“言葉の暴力”
拡大写真
離婚したことを報告する香田晋
 演歌歌手の香田晋(42)が16日、都内で会見し、8月中旬に元OLの夫人(35)と離婚していたことを明かした。原因は自身の「言葉の暴力」と言い、「かみさんに愛想を尽かされて」昨春に離婚を切り出された。子供2人の親権は香田が持った。仕事で家を空けることも多いため、夫人の母親(61)が同居して育児をサポートしているという。

 「仕事のストレスのはけ口がかみさんに向かってしまった。怒鳴ったり、優しくできなかったり…。そういう空気が子供たちに伝わるのは良くないと、離婚しました。僕が悪い」。努めて明るく振る舞おうとしたが表情は曇りっぱなし。「できれば(夫人に)帰ってきてほしいと思っている」と本音も漏らし、後悔の念をにじませた。

 音楽市場が不況で、特に演歌歌手にとっては厳しい時代が続く中、05年からフジテレビのクイズ番組「クイズ!ヘキサゴン」にレギュラー出演し珍回答を連発、おバカタレントとして人気になった。「バラエティー番組でわーっと明るく振る舞う分、家では疲れてしまって。そういう時に言葉の暴力が出てしまった」。夫人が用意した離婚届に判を押し、8月中旬に夫人が役所に提出した。

 00年には横浜市内にマンションを25年ローンを組んで購入。仕事で活路を見いだし、ようやく返済も軌道に乗ってきたと思われるタイミングで、くしくも大切な人を失ってしまった。

 長男(9)長女(7)の親権を持ったが「僕には両親も兄弟もいない。支えは子供。どうしても一緒に暮らしたかった」と説明した。両親は香田が2歳の時に離婚。とび職人だった父親は76年に工事現場で転落死。香田を引き取った母親は香田の歌手デビュー翌年の90年に急性すい炎で亡くなっている。

 複雑な家庭環境だったからこそ、子供たちへの思いは人一倍強い。義母との同居については「お母さん(義母)は僕の生い立ちを分かってくれて、同居を提案してくれました」とし、子供たちについては「離婚したことには何も言わなかった。気を使ってくれたんでしょうね」と話した。

 4月に発売した最新曲は「心のきず」で、「歌いづらいですよね」と苦笑した。それでも「この経験が歌の深みになれば」と前を向いていた。

 ◆香田 晋(こうだ・しん)本名鷲崎孝二=わしざき・こうじ。1967年(昭42)10月12日、福岡県生まれの42歳。高校卒業後、作曲家の船村徹氏に師事して門下生に。89年6月に「男同志」でデビュー。同年、日本レコード大賞新人賞を受賞。94年にNHK紅白歌合戦に初出場。05年からはおバカタレントとして人気となり、バラエティー番組に引っ張りだこに。特技は料理。血液型B。

Powered by ScribeFire.

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

[PR]驚異の現金製造マシン
ちょっとした労力だけで稼げるとしたらどうしますか?
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
その秘密は、無料レポートに!
⇒ 無料レポートはコチラ
(^^)
アクセス解析
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。