スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草刈麻有、芸能界を生き残れるか

16歳、麻有…美少女なのは草刈正雄の娘だから!本格的な女優活動開始で体当たり演技披露!

草刈正雄さんの次女、草刈麻有が年末の映画『蘇りの血』でヒロインを演じる。

美少女というが、それほどのものなのか、よく分からない私は天邪鬼なのかな。

個人的に持つ、美少女のイメージからは外れているので、違うと思っちゃうんだよね。

二世タレントのなかで、飛びぬけているかというと、これまた、よく分からないというのが、正直なところ。

スタートラインは、一般参入者に比べれば、ちょっと有利だけど、芸能界で生き残れるかどうかは、本人次第だからね。

それにしても、二世タレントって、ほんとに多いね。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090909-00000002-flix-movi

16歳、麻有…美少女なのは草刈正雄の娘だから!本格的な女優活動開始で体当たり演技披露!

9月9日6時0分配信 シネマトゥデイ

 70年代に一世を風靡した美男子・草刈正雄だがその娘、草刈麻有が本格的な女優活動を開始し、映画『蘇りの血』でヒロインを体当たりで演じている。

 草刈麻有は16歳。映画デビューは父と共演した映画『0093女王陛下の草刈正雄』。その後TBS「3年B組金八先生」 やWOWOW 連続ドラマW「プリズナー」などに出演し、雑誌「セブンティーン」の専属モデルとしても活躍するなど、めざましい活躍で注目を集めた。そんな中、映画での本格的なヒロイン役はこの映画『蘇りの血』が初めて。主演の中村達也演じるオグリに愛を意識させるヒロイン役・テルテを好演している。

 その演技力も、もちろんだが、注目すべきはその美少女っぷり。父親の草刈正雄はアメリカ人の父を持つハーフで、彫りの深い顔立ちで甘い雰囲気を醸し出す。資生堂のCMや数多くの映画に出演し、70年代当時、多くの女性をとりこにした当代きってのハンサム。母親はそんな草刈を射止めたナイスボディな巨乳美女のモデル・大塚悦子。そんな遺伝子を受け継いだ麻有が美少女なのは当たり前といえば当たり前。その美少女・麻有が男に、愛によって再生する力を与えるほどの体当たり演技を披露する。

 監督は『空中庭園』以来、4年振りの新作となる豊田利晃。「『蘇りの血』は僕の新しいデビュー作です」と言い切るほどこの映画への意気込みは並々ならぬものが感じられる。

映画『蘇りの血』は12月、ユーロスペースほか全国にて公開

Powered by ScribeFire.

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

[PR]驚異の現金製造マシン
ちょっとした労力だけで稼げるとしたらどうしますか?
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
その秘密は、無料レポートに!
⇒ 無料レポートはコチラ
(^^)
アクセス解析
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。