スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白日夢、4度目の映画化!見たいなぁ~

究極のエロチック!激しい濡れ場は愛染恭子仕込み!23歳西条美咲、白い柔肌さらします!

映画『白日夢』が、今週末に公開されますが、武智鉄二監督によって、過去3回映画化されています。

特に有名なのが、2作目ですが、その時、ヒロインを演じた愛染恭子が、今回は監督を務めています。(正確には共同監督)

もともと、谷崎潤一郎の戯曲が原作ですが、今回の映画化に当たって、設定は現代風にアレンジされてます。

たぶん、過去の作品を知っているなら、いろいろと面白いのではないでしょうか。

ちなみに、2作目が有名なのは、愛染恭子と佐藤慶の絡みのシーンで、本番行為があったからです。

国内上映では修正されてぼかしが入ってましたが、海外では無修正公開でした。

そのため、グアム、サイパンやハワイへの専門ツアーが組まれたほどです。

成人映画扱いだったので、当時、ガキだった私は見れなくて残念だったのは、懐かしい思い出です(笑)




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090904-00000002-flix-movi

究極のエロチック!激しい濡れ場は愛染恭子仕込み!23歳西条美咲、白い柔肌さらします!

9月4日6時0分配信 シネマトゥデイ

 映画『白日夢』のヒロイン役で、体当たりの濡れ場を披露した新人女優・西条美咲に話を聞いた。本作は文豪・谷崎潤一郎による戯曲が原作で、過去に3度映画化されている。中でも1981年に公開された2作目は、当時の成人指定映画としては異例となる15億円のヒットを記録し、ヒロインを演じた愛染恭子は一躍時代のセックスシンボルとなった。

 愛染は、4度目の映画化となる本作で監督を務め、濡れ場シーンの演出にも力を注いだ。ヒロインの西条は、愛染に会う前は怖い女性ではないかと緊張していたそうだが「面接で初めて会った日、愛染さんは部屋に入ってくるなり『さっき渋谷のゲームセンターで手に入れたの。はい、あげる!』と言ってぬいぐるみをくれたんです。おちゃめな方だなあと……(笑)」と驚きの初対面エピソードを明かしてくれた。ヒロインに決まってからは「すごく愛情を持って接してくれた」そうで、良好な信頼関係を築いた様子。

 また、撮影前にマンツーマンで行われた、濡れ場の演技指導を振り返り「愛染さんが部屋に置いてあった座布団を見て、『これを相手(男性)だと思って濡れ場を演じてみて』と。やってみたら『それで終わり? これから盛り上がると思ったのに!』と言われてしまったんです(笑)」と当初は強烈なダメ出しを受けたことを告白した。困ってしまった西条の前で、愛染は座布団を使いながら濡れ場を実演し、「手や足の先まで気を抜かないように、すごく細かいところまで一つ一つ教えてくれた」という。そのかいあってか、スクリーンでの西条は白い柔肌が印象的な美しい肢体をさらし、新人とは思えぬ大胆さで艶めかしい絡みを披露している。

 仕上がった作品については「私と、三人の男性それぞれとの濡れ場を愛染監督がすごくキレイでロマンチックに撮ってくれています!」と仕上がりに大満足の様子だった。加えて「人間が心の奥底に抱えているものについて、考えさせられる作品でもありますね」と人間心理を掘り下げた深みのある作品であることも強調した。過去の『白日夢』を観た人もそうでない人も、普段封印している感情を呼び起こされるような、奥深いエロスの世界に今一度身をゆだねてみてはいかがだろうか。

 映画『白日夢』は、愛染といまおかしんじが共同で監督した官能的なミステリードラマ。実直な警察官の青年(大坂俊介)が、美しい歯科助手の女性(西条美咲)と出会い、妄想と現実との区別がつかない状況に追い込まれていく様をサスペンスタッチで描く。

映画『白日夢』は9月5日より銀座シネパトスほかにて公開

Powered by ScribeFire.

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

[PR]驚異の現金製造マシン
ちょっとした労力だけで稼げるとしたらどうしますか?
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
その秘密は、無料レポートに!
⇒ 無料レポートはコチラ
(^^)
アクセス解析
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。