スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押尾事件、のりピーより情報少なくないか?!

押尾容疑者、海外でもドラッグSEX!失神、死の淵さまよう

押尾事件は、芸能界の格の違いなのか、のりピーの事件よりも、情報が少なかった。

どっちも薬物使用だが、押尾のほうは死者が出ているから、より悪質のような気がするのだが、逃げ回った分、のりピーの報道が多くなったのかな。

それでも、ようやく落ち着いてきたのか、押尾の情報も増えてきたような気がする。

今日発売のフライデーに、押尾関連の記事が出ている。

曰く、海外のホテルに押尾から呼び出された知人女性が、薦められるまま薬物を使用し、セックスしまくった、という話。

証言した女性も、薬物使用してる時点で犯罪なのだが、その薬物は、どこから手に入れたのかが重要ではないだろうか。

押尾が調達したものだろうが、そんなに簡単に手に入るものなんだろうか?




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090820-00000013-sph-ent

押尾容疑者、海外でもドラッグSEX!失神、死の淵さまよう

8月20日8時1分配信 スポーツ報知
 合成麻薬MDMAを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された俳優の押尾学容疑者(31)が、東京・六本木ヒルズで同容疑者とともにMDMAを使用し死亡した銀座のホステス(30)とは別の女性と、海外で薬物を使用していたことが19日、分かった。20日発売の写真週刊誌「フライデー」が報じている。女性は同誌に、薬物セックスした状況を赤裸々に告白。同容疑者が今回の事件以前から、薬物にハマっていたことが浮き彫りになった。

 同誌によると、この女性は都内のクラブで働いているときに押尾容疑者に口説かれ、交際に発展。仕事で米国に滞在しているという同容疑者に招かれ渡米すると、滞在先のホテルで勧められるままに薬物とみられる錠剤を飲んだ。その後の性行為は全身が性感帯のようになり、何度も求め合ったという。

 しかし、薬物を使用した性行為を何日も続けるうちに、女性は失神。押尾容疑者も倒れ込むなど、死の淵(ふち)をさまようような危険な状態に陥ったという衝撃事実も告白している。

 逮捕後、押尾容疑者は薬物を飲んだことは認めている。しかし、入手の経緯については「知人からもらった」→「女性に勧められて飲んだ」と供述は二転三転。その一方で、薬物は自らが主導したのではなく、他人に勧められたという点だけは一貫している。

 フライデーに告白した女性は、「押尾さんには何が真実なのかを正直に話して、罪を償ってほしいと思います」と結んでいる。

Powered by ScribeFire.

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

[PR]驚異の現金製造マシン
ちょっとした労力だけで稼げるとしたらどうしますか?
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
その秘密は、無料レポートに!
⇒ 無料レポートはコチラ
(^^)
アクセス解析
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。