スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小向美奈子、踊る大捜査線に!

巨乳健在、AVなら3千万以上!? 小向美奈子の今後

小向美奈子は、踊る大捜査線の湾岸署に拘置されてた!

下の引用文の最後の文章をチェックしてほしい。

当の小向被告は今月16日に拘置先の東京湾岸署から保釈された後、埼玉県内の実家で暮らしている。



との一文がある。

おお、これは、踊る大捜査線で有名な湾岸署じゃないか!

なんか得した気分になった(笑)


ネタ元

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090228-00000023-ykf-ent

 覚せい剤取締法違反(使用)の罪で、懲役1年6月・執行猶予3年の有罪判決を受けた元人気グラビアアイドル、小向美奈子被告(23)。東京地裁の判決後に応じた会見では芸能界復帰は明言しなかったが、アイドル時代と変わらぬ容姿に、早くも告白本やヌード写真集の出版権をめぐる争奪戦が始まっている。

 小向被告は26日の公判で、「同世代の女性と同じようにアルバイトをして普通に生活したい」と反省の弁を述べた。会見でも、芸能界復帰について「厳しいと考えています」としたが、その童顔とナイスバディーには、グラビア業界の一部から惜しむ声がもれている。

 デビューした15歳のころから知る出版プロデューサー、高須基仁氏は小向の魅力をこう語る。

 「私は仲間由紀恵と小向には、日活アクション映画の女優の匂いを感じていました。仲間は浅丘ルリ子、小向は笹森礼子をほうふつさせた」

 トップ女優に登りつめた仲間と正反対に、小向被告は男と薬に蝕まれた転落人生を歩んだが、高須氏は「彼女には芸能界に戻ってほしい。私が力を出します」と出版界の“悪役”らしいエールを次のように送る。

 「選択肢は3つ。1つは告白本。飯島愛の『プラトニック・セックス』の向こうを張って、デビューから今までのことを語ってもらう。残りの2つはヌード写真集とAV。すでに彼女の方には働きかけており、私が主催する3月3日の『第6回熟女クイーンコンテスト』にも招待してます」

 小向被告は昨年9月に「精神的不安定」などを理由に所属事務所を解雇されているが、そこに注目するのは、数々のスキャンダラスな人物の本を手がけてきた双葉社の出版プロデューサー、渡辺拓滋氏。

 「水面下で著書を出していただこうと接触を試みています。グラビアアイドルの受難と、OL派遣切りを重ね合わせ、一人の女性の苦悩を綴ってもらえば、同世代の女性に訴えかけるものがあるはず」と熱意を見せる。

 渡辺氏はこれまでに、女優の石原真理子や奥菜恵、ライブドア広報時代の乙部綾子氏、最近では田母神俊雄元航空幕僚長の著書などを次々とモノにしている。

 一方、AV転身はどれだけ現実味があるのか。元AV男優で有名レーベルを手がけるメーカーの幹部は「1本目は予約だけで売り上げは最低10万本は堅い」と、デビュー作には太鼓判を押すものの、「あそこまで汚れちゃうと2作目以降はガタ落ちも確実」とも。芸能人の出演をウリにしたMUTEKIを含め、「メジャーレーベルは手を出しづらい」と語る。

 「契約金は今の話題性なら1作3000万円以上は確実。ただ、小向サイドが1作限定で契約するとも考えられない。仮に3本1億円で契約したあげく“一発屋”で終わられては最悪です」

 仮にAVデビューするのであれば、契約金も下がる今年末以降になる可能性が高いという。

 当の小向被告は今月16日に拘置先の東京湾岸署から保釈された後、埼玉県内の実家で暮らしている。小向被告を知るプロダクション関係者は、「芸能界復帰より前に、まずは薬物からの断絶と精神の安定が必要」と話している。


コメント

非公開コメント

[PR]驚異の現金製造マシン
ちょっとした労力だけで稼げるとしたらどうしますか?
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
その秘密は、無料レポートに!
⇒ 無料レポートはコチラ
(^^)
アクセス解析
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。