スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホリエモン、ITからAVへ!

ホリエモンついにAV界へ…まずはヌード撮影に挑戦

ホリエモンといえば、元ライブドア社長ですが、実は、AVマニアとしても有名だそうです。

聞くところによると、彼が絶賛したAV女優の出演作が、10万本超のメガヒットになったとか。

なにかと、影響力が大きいですね。

そんなホリエモンが、雑誌の企画で、ヌード撮影を行ったようです。

モデルは、現役AV女優の”希志あいの”で、最近増えているグラビアアイドルからの転向組です。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090716-00000016-ykf-ent

ホリエモンついにAV界へ…まずはヌード撮影に挑戦

7月16日16時56分配信 夕刊フジ

 ホリエモンこと元ライブドア社長の堀江貴文氏(36)が、成人雑誌の企画でAV女優のヌード撮影に挑戦していたことが分かった。堀江氏は大のAVマニアを公言し、推薦した新人女優が大ブレークするなど、そのスジでの影響力は絶大。評論だけに飽きたらず、まずはカメラマンとして“現場”進出を果たした格好だ。

 堀江氏がヌードカメラマンデビューを果たしたのは、先月15日発売の雑誌「EX大衆」7月号(双葉社)。元グラビアアイドルで現在は人気AV女優の希志あいの(21)をモデルに、キヤノンの一眼レフカメラを駆使してキワどいアングルから激写。撮影中は、「騎乗位風に撮らせてください」「パンツ脱いで」「乳首つまんで」と次々注文も出したという。

 “想定外”ともいえる堀江氏の積極姿勢に、同誌は記事を袋とじにして対応。肝心の中身も、さすがAVマニアを自任する堀江氏らしく、希志のナイスボディーとロリータフェースのアンバランスさを余すところなく活写している。

 ヌード撮影を機に“監督デビュー”も果たしそうな勢いの堀江氏だが、AV界での存在感は増す一方だ。昨年11月、自身のブログでデビュー間もないAV女優、原紗央莉(21)を「相当の美形だ。売り方は色々あるんだろうけど、少女時代にちょっとした芸能活動やっただけで、いきなりAVデビューってのはすげーと思った」と絶賛したところ、原の出演作は10万本を売るメガヒットとなった。

 もっとも、過去の清算はまだ終わったわけではない。ライブドアの株主が堀江氏やライブドアホールディングス(LDH)を提訴した損害賠償請求訴訟では、今年5月の一審判決で76億2800万円の支払いを命じられたほか、LDHによる堀江氏個人に対する総額約340億円の訴訟も続いており、一部の株主からは今回のヌード撮影に「ふざけるにもほどがある!」と怒りの声が上がっているという。

 堀江氏のヌードカメラマンデビューを実現させた双葉社の担当者は、「以前、堀江さんと原紗央莉さんの対談を企画した経緯から、おそらく撮影にも興味があるだろうとオファーしたところ快諾いただきました。撮影は和気あいあいとした雰囲気でしたし、写真にも才能を感じます。『女性が好き!』という気持ちが前面に出ています」と大絶賛。先月のグラビアに引き続き、現在発売中の「EX大衆」8月号には、撮影の様子を収録したDVDを付録として収めているという。


Powered by ScribeFire.

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

[PR]驚異の現金製造マシン
ちょっとした労力だけで稼げるとしたらどうしますか?
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
その秘密は、無料レポートに!
⇒ 無料レポートはコチラ
(^^)
アクセス解析
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。