スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケル、幻に終わったロンドン公演

マイケル・ジャクソンさん死去…ロサンゼルス自宅で倒れる

マイケル・ジャクソン(享年50歳)が、日本時間の今日未明、心不全での死亡が確認された。

これにより、今年7月に予定されていた、ロンドン公演は、すべてとなってしまった。

80年代を代表するエンターテナーだった、マイケル・ジャクソンは、当時の若者にとって、時代を象徴するようなポップ・アイコンでした。

彼の作品がMTVなどのPV紹介番組で流されると、その特異なダンスが注目を集め、真似をするものも、後を絶ちませんでした。

当時のPVを、いま、あらためて見直しても、そのダンスのシーンは、斬新で、すばらしいものです。(ニコニコ動画にもアップされてますよね)

かれこれ、もう10年以上、まともなライブ活動をしていなかっただけに、ロンドン公演を楽しみにしていたファンは、それこそ、世界中にいたでしょう。

それも、彼の死によって、幻と化してしまいましたが、残念です。

まあ、開催されたとしても、イギリスなんて行けませんが(^^;



今年前半は、気になる人が、死んでしまうことが多くて、ショック続きですが、この調子だと、後半も、どうなることやら。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090626-00000241-yom-ent
マイケル・ジャクソンさん死去…ロサンゼルス自宅で倒れる

6月26日6時46分配信 読売新聞

 【ロサンゼルス=飯田達人】「スリラー」などが世界的にヒットし、「ポップス界の王様」と呼ばれたマイケル・ジャクソンさんが25日正午(日本時間26日午前4時)過ぎ、ロサンゼルス市内の自宅で倒れ、救急車で病院に運ばれたが心不全で死亡した。

 兄のジャーメインさんが記者会見で発表した。50歳だった。詳しい死因などは不明。26日に検視が行われる。ロサンゼルス・タイムズ紙などによると、午後0時26分、高級住宅街にあるマイケルさんの自宅から通報があり、救急隊が駆け付けたが、既に呼吸をしていなかった。近くのカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の付属病院に搬送中も救急隊員が心肺機能の蘇生(そせい)を試みたが、同2時26分、医師が病院で死亡を確認した。

 同紙によると、2005年にはやせ細り、歩くのも困難で、鎮痛剤を常用していた。7月から来年3月にかけて、ロンドンで計50回の復帰コンサートを行う予定だった。今年春に4時間にわたって医師の健康診断を受けた際は、特に問題はなかった。最近は専属トレーナーについてエアロビクスもしていたという。マイケルさんは、体形維持のため小食で知られ、健康不安説が度々指摘されていた。

 インディアナ州出身。兄4人とともに「ジャクソン5」としてデビュー。1971年にソロ活動を始め、抜群の歌唱力と独特のダンスで人気者に。「ビリー・ジーン」「今夜はビート・イット」「スリラー」などを収めたアルバム「スリラー」(82年)は1億枚以上の売り上げを記録し、「世界で最も売れたアルバム」としてギネスブックにも認定された。その後もアルバム「バッド」(87年)、「デンジャラス」(91年)などを発表した。世界でのアルバム、シングル、ビデオの販売総数は7億5000万枚以上とされる。

 03年にはカリフォルニア州サンタバーバラ郊外の邸宅「ネバーランド」で、少年に性的虐待を行った疑いで逮捕され、05年に無罪評決を受けた。また、エルビス・プレスリーの娘ら二人の女性と結婚・離婚を繰り返し、多額の借金も抱えていた。

 ◆時代に衝撃、不世出のスター◆

 エルビス・プレスリー、ビートルズと並び、歴史的な音楽家となっていたマイケル・ジャクソンさんの訃報(ふほう)が突然、舞い込んできた。

 1981年に開局したアメリカの音楽専門テレビ局MTVが全世界に配信する音楽ビデオに乗って、史上空前の1億枚以上を売り上げたアルバム「スリラー」(82年)。ホラー映画仕立てのビデオは、ビジュアル時代の幕開けを告げた。

 元ビートルズのポール・マッカートニーさんらロックの大物と共演し、黒人の音楽とされたソウルミュージックを人種の枠を超えて浸透させた。85年にはアフリカ飢餓救済歌「ウィ・アー・ザ・ワールド」の制作の中心的な役割を担い、愛と平和を訴える社会的な存在にもなった。

 40代を迎える頃から音楽活動は停滞し始め、それは私生活の混乱と表裏一体だった。幼児虐待や変貌(へんぼう)を重ねる顔立ちへの疑惑、経済的な困窮……。無垢(むく)なものへの希求が子供への偏愛に、人種の壁を破った音楽性の裏返しは、白人のような容貌(ようぼう)へのあこがれとなったのか。だが、そのスキャンダルも含め、彼以上の衝撃を与えるスターは、もう現れない気がする。(文化部・西田浩)



テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

[PR]驚異の現金製造マシン
ちょっとした労力だけで稼げるとしたらどうしますか?
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
その秘密は、無料レポートに!
⇒ 無料レポートはコチラ
(^^)
アクセス解析
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。