スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダコタ・ファニング、15歳にして、この色気!

15歳でにおい立つお色気!大人の美女になった天才子役!ダコタ・ファニング新作撮影開始!



ダコタ・ファニングも、もう15歳なんですね。

初めて、彼女をスクリーンで見たのは、映画『アイ・アム・サム』で、たしか7歳のころ。

ずいぶんと、すごい子役が出てきたと、感心したものです。

その後も、『マイ・ボディガード』や、『ハイド・アンド・シーク』などにも出演し、順調にキャリアを重ねて、8年ですよ。

子役って、当たり役が大きければ大きいほど、イメージチェンジができなくて、ギャップに悩むもんですが、ダコタには、関係なさそうです。

それにしても、欧米系の外国人は、日本人に比べて、大人の容貌になるのが早いですね。

とても大人びてて、15歳には見えません。

この先、どんなキャリアを重ねていくのか、楽しみな女優さんです。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090617-00000002-flix-movi
15歳でにおい立つお色気!大人の美女になった天才子役!ダコタ・ファニング新作撮影開始!

6月17日2時50分配信 シネマトゥデイ
15歳でにおい立つお色気!大人の美女になった天才子役!ダコタ・ファニング新作撮影開始!

 全世界で約380億円の興行収入を上げ、社会現象ともなった映画『トワイライト~初恋~』の続編映画『ニュームーン』(原題)に出演しているダコタ・ファニングが、最近どんどん大人の女性らしくなっていると評判だ。

 今月13日、『ニュームーン』(原題)の撮影現場に入ったダコタは、また少し身長が伸びたようで、さらに大人っぽさが増したように見えた。ダコタは『ニュームーン』(原題)でイタリアに住むヴァンパイア、ヴォルトゥーリ一族の重要人物ジェーンを演じる。もともと肌が抜けるように白いダコタには、まさにバンパイアはハマり役だが、さらに天性の演技力も手伝って美しくかつ恐ろしい、今までに見たことのないダコタがスクリーンに現れる。今年15歳になったばかりのダコタだが、表情によっては大人の女性の色香がにおい立つ。

 『アイ・アム・サム』で天才子役の名をほしいままにし、その後も映画『マイ・ボディガード』『宇宙戦争』などで、そのあどけない容姿でかわいい少女の座をキープしていたダコタが日本でも3月に公開された映画『リリィ、はちみつ色の秘密』でかなり大人っぽくなってきていることは誰もが気付いていたが、『ニュームーン』(原題)ではついに女性として成長したダコタが見られる。

 最近のダコタの少女から女性への脱皮ぶりは目を見張るものがあり、プレミアなどイベントに登場するときも、意識してかかなりセクシーなドレスに身を包み、普通の15歳よりも大人っぽく見える。子役で世に名をはせたスターは大人になるときそのかわいらし過ぎるイメージから抜け切られずに失敗することがほとんどだが、ダコタは苦労することなくその難関をサラリとすり抜けそうだ。


テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

[PR]驚異の現金製造マシン
ちょっとした労力だけで稼げるとしたらどうしますか?
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
その秘密は、無料レポートに!
⇒ 無料レポートはコチラ
(^^)
アクセス解析
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。