スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三沢光晴の意思を継ぐもの

「オレがあんなことを…」彰俊、涙の土下座

事故の翌日、ノアの試合会場では、追悼写真が設置され、多数のファンにより顕花が行なわれた。

試合前、鎮魂テンカウントが鳴らされ、遺影を持った百田副社長から、追悼の挨拶があった。

あの試合の対戦相手だった齋藤彰俊は、試合後、リング上で、三沢氏の遺影に向かって土下座し、号泣


三沢光晴の死は、ノアという一つの団体のみならず、他団体へも影響を与えている。

新日の試合会場でも、テンカウントが鳴らされ、皆が黙祷

業界のみならず、親交のあった著名人からも、三沢氏へのコメントや、ブログなど、次々と発表されている。

多くの人たちに愛された、プロレスラー三沢光晴


みんな、あなたの愛したプロレスの火を絶やさぬように、頑張るって言ってるよ。

あなたが精魂こめて作り上げてきたノアも潰さないって。

(ちくしょー、みんな、いい奴等じゃないか・・・)

あなたの意思は、皆に伝わってるから、いまは、安らかに眠ってください。

あなたの勇姿を忘れない・・・



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090615-00000031-spn-fight
「オレがあんなことを…」彰俊、涙の土下座

6月15日7時12分配信 スポニチアネックス

 【ノア・三沢光晴さん急死】三沢さんの最後の試合となった13日の広島大会でタッグを組んだ潮崎豪(27)が、第15代GHCヘビー級王者となった。負傷欠場の秋山準に代わり、この日行われたGHCヘビー級王座決定戦に出場。熱戦の末に力皇猛を倒し、三沢さんが過去3度手にした(初代、第6代、第11代)ノアの至宝のベルトを手にした。試合後は「(三沢さんは)体がボロボロでも立ち向かっていった。1人の人間としてやり通すことを学んだ」と話すと涙。リングサイドに置かれた三沢さんの遺影に一礼し、「ベルトを獲ったからには、(ノアを)いろんな意味で良くしていきたい」と遺志を継ぐことを誓った。

 一方、三沢さんの最後の対戦相手となった齋藤彰俊(43)は、百田副社長とタッグを組んで出場した。試合後は三沢さんの遺影に向かって土下座し、「社長、すいません。社長はまだまだやりたいことがあったのに、オレがあんなことをしちゃって」と号泣。昨夜は一睡もできず引退を考えたと言うが、「リングに上がり続けることが恩返し。どんな重い十字架でも背負って精進していきます」と話した。


テーマ : 悲しいニュース
ジャンル : ニュース

[PR]驚異の現金製造マシン
ちょっとした労力だけで稼げるとしたらどうしますか?
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
その秘密は、無料レポートに!
⇒ 無料レポートはコチラ
(^^)
アクセス解析
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。