スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉岡美穂、ママドルで復帰するの?

吉岡美穂、IZAMとの夫婦テレビ初共演で“癒し系”イメージ崩壊!?

吉岡美穂トーク番組へ夫婦揃って初共演ということで、旦那のIZAMといっしょに出演するようです。

残念ながら、関西圏に住んでないので、見ることは出来ませんが。


さて、もともと、癒し系なんて、まわりが勝手につけたイメージで、本人は、全然、そんなこと思ってないんじゃないですか。

吉岡美穂って、大阪出身だから、新喜劇みて育ったはずです。

お笑いが身に染みてるはずなんで、そんな人間が、癒し系のはずがないでしょ(偏見じゃないですよw)

どっちかといえば、癒し系イメージよりは、天然キャラのほうが、素なんだと思いますよ。

まあ、人の奥さんなんで、どうでもいい話ではありますね(笑)

最近、ママドルが増えてきたので、復帰するにしても、どんなキャラで売っていくのか、楽しみではあります。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090522-00000019-oric-ent
吉岡美穂、IZAMとの夫婦テレビ初共演で“癒し系”イメージ崩壊!?

 歌手のIZAMとタレントの吉岡美穂夫妻が、今月31日放送の大阪・読売テレビ『愛の修羅バラ!』(前11:40~ ※関西ローカル)で結婚後、初めてテレビ共演することがこのほどわかった。同番組でIZAMは、2006年に“オメデタ婚”した吉岡の第1子妊娠中に直面した、彼女の“癒し系”イメージを覆す意外な一面を告白。その一方、番組制作関係者は2人の漫才のような見事な掛け合いぶりに「確実に需要が増えると思いますよ」と、夫婦共演による“相乗効果”に太鼓判を押した。

 IZAMと吉岡は、2006年に公開された映画『夏音』を通じ、監督と女優という関係から交際に発展。結婚後は2人の子宝にも恵まれた。順風満帆な夫婦生活を送っているかに思われるIZAMだが、以前、精神的に不安定だった吉岡が自身との何げない会話の途中に突如、ブチ切れて交際当初に贈った高価なネックレスを“破壊”したというエピソードを告白。

 さらに、米・ニューヨークへ新婚旅行に行った際に、ロマンティックなムードを大切にするIZAMと、そうでない吉岡の“温度差”に納得していなかったことも吐露するなど、雲行きのあやしい展開に。夫妻に大量のオムツを「差し入れ」するなど、親交の深い司会の上沼恵美子らが、この修羅場の着地点をどこに見出すかに注目が集まる。

 一方、番組制作関係者は夫婦揃ってのトーク番組出演に「思ったより手ごたえがあった。大阪出身の吉岡も、標準語を使いながら絶妙な“ボケ・ツッコミ”のテンポがあり、これまでと違った一面を見せることができると思いますね」と絶賛した。

 また、事務所関係者も「これまでにも双方の事務所に(夫婦共演の)依頼はありましたが、これをきっかけにトークだけでなく、2人の“美貌”を活かしたCM共演なんかもいいかもしれませんね!」と期待を寄せていた。

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

黒木メイサ、プロとしての覚悟

黒木メイサ父急死…悲しみこらえ気丈に仕事

黒木メイサの父親が亡くなっていたようです。

父親が急死した当日、そして、その翌日とスケジュールがつまっていて、お通夜告別式も立ち会えなかったそうです。

しかも、仕事中には、動揺を表に出すこともなく、仕事をこなしていたとのことですから、スゴイです。

すぐにでも、飛んで帰りたかったでしょうに、仕事に対するプライド覚悟を見せ付けられたような気がします。

大人っぽくても、まだ20歳のお嬢さんですからね。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090527-00000001-sph-ent
黒木メイサ父急死…悲しみこらえ気丈に仕事

 女優の黒木メイサ(20)の父親が急死していたことが26日、分かった。関係者によると11日午前、沖縄県内の自宅で急性白血病のため亡くなったという。59歳だった。

 前日の10日、「第17回橋田賞」に出席していたメイサは、「生きることもいい作品を作ることも精いっぱいやりたい」と抱負を話していたが、その直後のことだった。

 最愛の父を失い、沖縄に急行することも考えたが、売れっ子女優だけに仕事がビッシリ。父が亡くなった11日は、昼ごろからテレ朝系「徹子の部屋」の収録に参加。悲しみを抑え、デビュー前からこれまでの芸能生活を司会の黒柳徹子(75)に語った。後から事情を聞いた関係者は「全く分かりませんでした」と驚いたほどだった。

 沖縄の自宅で通夜、告別式が営まれた翌12日には、同時間帯に都内で行われた「コットンUSAアワード」に登場。取材陣には冗談を交えて笑顔で話すなど気丈に振る舞い、会見後に沖縄へと向かったという。

 所属事務所はスポーツ報知の取材に、「精いっぱい頑張ることで、お父さんの供養にもなるのでそっとしておいて下さい」とコメント。納骨される四十九日には、悲しみを乗り越え主演舞台「女信長」(6月5~21日、東京・青山劇場、26~28日、大阪・シアターBRAVA!)に立つ。

前田五郎、中田カウスを脅迫って、事実ですか?

坂田 犯人の心当たりを示唆していた

漫才コンビ・コメディーNO.1前田五郎中田カウスの自宅への脅迫状送付容疑で、芸能活動を休止か!

Yahoo!をはじめ、あちこちのニュースサイトでも、多数、この件について、取り上げられているが、実際のところ、まだ容疑がかたまって逮捕されたわけでもないのに、お祭り騒ぎになっているのは、どうなんだろう。

芸能活動を休止したのは事実だが、脅迫文に関しては、まだ決定してないし、逮捕もされてない。

公式発表は、一切ないにもかかわらず、さも事実であるかのような書き方は、いかがなものだろう。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090526-00000045-spn-ent
坂田 犯人の心当たりを示唆していた

 漫才コンビ「中田カウス・ボタン」の中田カウス(59)の自宅に今年4月、脅迫文が送られた事件で捜査線上に浮上したことが明らかになった漫才コンビ・コメディNo.1の前田五郎(67)が芸能活動を休養すると25日、所属する吉本興業が正式発表した。一方、「アホの坂田」で知られる相方の坂田利夫(67)は、事務所を通じ「しばらくの間は1人で頑張ります」とコメントした。

 吉本興業はスポニチ報道などを受けて25日昼、大阪本社(中央区)で竹中功よしもとクリエイティブエージェンシー取締役広報センター担当(50)が駆け付けた報道陣に対応。竹中氏によると、24日に前田と電話連絡を取り、25日に再び電話で連絡して休養をあらためて決定。「本人と相談して休養に入ることにしました。復帰時期は未定」と説明した。報道を知った前田は「困惑している」と話したという。

 休養理由については「世間をお騒がせしたことと、お笑いの商売なので本人の緊張感やコンディションの問題もある」と説明。前田が脅迫文にかかわっていたかどうかの事実関係については「警察との捜査協力もありますし、コメントは差し控えたい」と話し、否定はしなかった。

 前田の休養により「コメディNO.1」は、26日と27日に予定されていた東京・品川の「よしもとプリンスシアター」での出番のキャンセルが決まっていたが、NHKにも影響が拡大。同局は6月6日放送予定の「バラエティー生活笑百科」を収録済みの番組に差し替えて放送することと29日に収録予定だった「上方演芸会」に代演を立てることを発表した。

 一方、坂田は、関係者によると脅迫文に関してカウスが会見した直後、目にした筆跡が前田と酷似していることにいち早く気付き「まさかこんなことになるとは…」と肩を落としていたという。この日は吉本興業を通じてコメントを発表。コンビでの活動ができなくなり今後はピンで活動するが「突然の出来事で、ただただ驚くばかりです。ファンや関係者の皆様方には、大変なご迷惑や心配をおかけしますが、しばらくの間は1人で頑張ります」と現在の心境を報告した。今後の坂田の詳細なスケジュールについて同社は「発表できない」としている。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

[PR]驚異の現金製造マシン
ちょっとした労力だけで稼げるとしたらどうしますか?
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
エフォートレス・マネー・ジェネレイター
その秘密は、無料レポートに!
⇒ 無料レポートはコチラ
(^^)
アクセス解析
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。